小泉小児科

山陽小野田こども発達支援センター
“とことこ”

☎0836-39-5507 

ちょっと一言

障害者手帳取得や将来のライフプランを考える

自閉症と診断されたら、早い時期に障害者手帳を取得することも考えてください(その時は私ども理事長等にいくらでもご相談下さい)。後で役に立つことがあります。

自閉症を抱えている子どもは、健常な子どもにはない特異な才能を持っていることが少なくありません。幼児期にはなかなか見つかりませんが、将来役に立つ才能が隠れているものです。静観していても事態は改善しないので、将来を見据えた対応を考え、行動することです。

・悩みを自分ひとりで抱え込まない!
・何があっても子どもの未来を信じる!

療育を楽しく続けるコツ

・まぁいいかなと思うこと
・今日できなかった時には明日できればいいと思うこと
・寝る前に子どもの良いところを思い浮かべること
・自分(親)にごほうびを出すこと
療育の最終目標は、症状を完全になくすことはできないまでも、社会生活上の困難を軽減し、就労することも含めて、社会人として自立できる能力を身につけることです。療育は「焦らない」「あきらめない」「頑張らない」
とことこの一日
とことこ通信

山陽小野田こども発達支援センター“とことこ”が発行する「とことこ通信」は日々の出来事やお知らせを掲載します。これからも定期的に発行します。 ※pdfファイル


2019年5月号 2019年6月号
ページのトップへ戻る